水戸ホーリーホック、水戸の街が黄金に輝く「創設20周年記念ユニフォーム」を発表

湘南ベルマーレが圧倒的な強さで首位を独走する2014シーズンのJ2において、27節終了時点で14位につけている水戸ホーリーホック

同じ県内に鹿島アントラーズという強豪クラブが存在することもあり厳しい経営を強いられてきたが、柱谷哲二監督が就任した2011年以降は縮小した予算の中で手堅いチーム作りを進め、スタイルを確立した2年目から中位に定着。営業収入も徐々に伸ばし、昨年まで3期連続の黒字を達成するなど過去のクラブイメージとはだいぶ変わってきている。

このようにJリーグの中で独自の“色”を出しながら奮闘する水戸も、今年で創設20周年。そこでクラブは20日、20周年を記念するド派手な新ユニフォームを発表した。

mito-hollyhock-2014-gavic-20th-anniversary

Mito Hollyhock 2014 GAViC 20th Anniversary

20周年を祝うべく、鮮やかなゴールドを採用した今回の記念ユニフォーム。

クラブが重ねた20年の歴史を20本のラインで表し、ホームタウンとともに積み重ねてきた20年の“年輪”という形で表現。これからも地域とともにクラブの歴史を刻んでいくという願いが込められたほか、シャツの下部にはホームタウンである水戸市の街並みがデザインされている。(袖の模様はおそらくクラブを象徴する龍がモチーフ)

mito-hollyhock-2014-gavic-20th-anniversary

mito-hollyhock-2014-gavic-20th-anniversary

GKモデルはチームカラーの青を基調としたユニフォーム。GKが青のユニフォームを着用するのは今回が初めてとのことだ。

この「創設20周年記念ユニフォーム」は、ホームで行う10月4日(土)のコンサドーレ札幌戦と10月11日(土)のカターレ富山戦で選手が着用予定。受注販売は愛媛FC戦が行われる8月24日から受付が開始されるが、販売されるのは残念ながらフィールドプレーヤー用のゴールドのみとなるようだ。

タグ: