日本代表デビューの室屋成、緊張も認めつつ「どんどん積み重ねていければ」

日本代表デビューを飾ったFC東京のDF室屋成が、ここから経験を積み重ねていくことを誓った。

EAFF E-1 サッカー選手権初戦が9日に行われ、日本代表と北朝鮮代表が対戦。試合は1-0で日本が勝利した。室屋は「自分の特徴をもっと理解してもらう必要があるのかなと思います」と自身の代表デビュー戦を振り返る。

また、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が求める右サイドの役割を話しつつ、やり続けるだけと語る。

「とにかく今、自分ができることをやり続けるだけですし、監督が求めていることっていうのを理解しているので、そこは継続してもっともっと高いパフォーマンスでプレーできるようにしたいと思います」

初キャップについては「少し緊張した部分もありましたけど、こんなもんなのかな」として、今後の意気込みを口にした。

「試合の中でやっぱり少し独特な雰囲気ってのは感じましたけど、まあ後半とかは慣れで落ち着いてプレーできたので、最初だからここからどんどん積み重ねていければいいかなと思ってます」