中島翔哉「W杯は今日よりも厳しい」A代表デビュー戦弾も引き分けに表情晴れず

日本代表は23日、マリ代表と親善試合を行い、1-1で引き分けた。

ロシア・ワールドカップのグループリーグで戦うセネガルを想定して、臨んだマリ代表戦。

試合は、前半にPKから失点する。ビハインドを背負った後半には、A代表デビューとなった中島翔哉や本田圭佑らを投入するもなかなかゴールを奪えず。しかし、ラストプレーで中島が同点弾を奪い、1-1で引き分けている。

中島翔哉は、フラッシュインタビューに答えた。

「負けていたので、なるべく攻撃をして逆転できるようにと思って入りました」

「ゴールができたことはうれしいですけど、勝ちたかったので悔しい。プレーも良くなると思うので、明日から練習したいです」

「W杯は今日の試合より厳しい試合になると思うので、まずはウクライナ戦で良いプレーをしたいと思います」

日本代表はこの後、27日にウクライナ代表と親善試合を行う。